17.07.17 FLOWER AQUARIUM by NAKED

都市型水族館アクアパーク品川(運営会社:株式会社横浜八景島)と、4月22日(土)から7月2日(日)に開催する初夏イベントにて、体感型イベント「FLOWER AQUARIUM by NAKED フラワーアクアリウム バイ ネイキッド」の企画、演出・制作を手がけます。

ドルフィンパフォーマンスの演出設備が一新

昨年からネイキッドがコラボレーションし、RETRIPで日本一のイルカショーとして紹介されるなど話題となっているドルフィンパフォーマンス。演出設備が一新し、最先端のテクノロジーを駆使したエンターテイメントショーに生まれ変わります。大きく3つの設備、音響、照明、スモークマシンを導入いたします。音響は12.1chデジタルマトリックスサウンドを採用し、照明はムービングライトと水中LED照明でダイナミックな表現。さらにはスモークマシンの導入により、プロジェクションマッピングと照明演出の効果を最大限まで引き上げました。今回の演出設備一新により、水・音・光・映像の演出がより一体化し臨場感・エンターテイメント性がアップした日本初(※1)演出のドルフィンパフォーマンスをお楽しみください。
※1.水族館(日本動物園水族館協会加盟)の常設展示・およびパフォーマンスとして日本初。

海と花がコラボレーションして織りなす、生命力が溢れる世界を表現したパフォーマンス「THE LIFE」

美しい花々、森、風、空、そして、海 ――― 舞台は、生命力あふれる世界。その中で戯れるように、イルカたちも様々なパフォーマンスを繰り広げ、躍動します。 本イベントのテーマでもあり、時に“美”の象徴や比喩としても用いられる「花」を中心に、生命の美しさを表現していくパフォーマンス。イルカたちと[ウォーターカーテン・照明・映像・スモーク・サラウンド]が一体となって創造される世界に、まるで“大自然のオーケストラ”を感じる神秘的な内容です。映像は、空や木々の“実写映像”や、自然界で見られる美しい配列“フィボナッチ数列”のグラフィックなどを織り交ぜ、色々な形で大自然を描きます。サウンドは、鳥の羽音や環境音で世界観を創出しつつ、笛の音や弦楽器などを用いた、洗練されていながらもどこかノスタルジックなオリジナルミュージックにのせて展開します。

「WATER FLOWER」

最初にお客さまをお迎えするエントランスは、水面につつまれる空間。「FLOWER AQUARIUM」の始まりを告げるように、水が流れて花ひびらを描き出し、その先へつづく世界へと誘います。展示生物は、花のように色鮮やかな“サクラダイ”。その両サイドには、ホワイトやグリーンの季節の生花を飾ります。水槽を囲む壁面のプロジェクションマッピングは、水の揺らぎの中に花が咲き、舞い散ると、やがて水や風と共に流れていきます。さらに、頭上からも投影し、床面 にも水の波紋が起きたり、花びらが舞ったりすることで、まるで水面の上を歩いているかのような幻想体験をお届けします。

「BLOWING FLOWER」

水槽×花を交互に配置したアトリウムのようなゾーン「カラーズ」は、風の流れに乗って舞う花びらと共に歩を進めていただきます。両サイドの壁面には輝く花のオブジェがあり、さらに映像でも、風をイメージした、流れるグリーンのラインに乗って花びらが現れ、吹き去ると、今度はそこへ色とりどりの水の花が次々と咲いてゆきます。
水槽内は、水草やサンゴなどを“花”に見立てて装飾し、生物は、その花に集まる蝶やテントウムシを連想させる“チョウチョウウオ”や“チェリーバルブ”を展示します。ショーケースには、季節の生花を使い、 繊細に流れる花びらや、艶やかに咲き乱れる様子を美しく表現します。

「FLOATING FLOWER」

発光サンゴの水槽やテーブル型水槽があるカフェバーは、爽やかな木漏れ日と、そこに浮かび、舞う花びらにつつまれた空間。映像は、前の演出ゾーン(「WATER FLOWER」「BLOWING FLOWER」) から流れこむようなイメージで花びらが現れて壁面に舞っていき、木漏れ日の光が輝きます。メニューには「FLOWER AQUARIUM」をイメージした限定 オリジナルドリンクも3種類ご用意しました。お持ち歩きも可能なので、ドリンク片手に館内すべてのゾーンをお楽しみいただけます。

イベント名
FLOWER AQUARIUM by NAKED
開催期間
2017.04.22〜2017.07.02
会場
アクアパーク品川
BACK NUMBER